+ story + へようこそ☆遊びに来てくれて嬉しいです♪♪

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
main site
profile
selected entries
categories
archives
お問い合わせはこちらへ


MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS

ブログパーツUL5

+story+

JUNKな雑貨とhand madeに囲まれた「うさぎ小屋」のものがたり。
<< フック付きシェルフ | main | もこもこヘアゴム×ヘアピン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鮎川〜金崋山〜陸前松島

週末は宮城県に行ってきました。

鮎川港へ向かう途中の道路から見える仮設住宅には洗濯物が揺れ、
付近のコンビニ駐車場では炊き出しの準備が行われていました。
鮎川港では周辺の鉄筋コンクリートや
鉄骨造りの建物以外は土台ごと消滅。
残された建物はTVで見たそのままの姿で残っていました。
崖崩れの為、通行禁止区間もあり、
都市部に比べ過疎地は復興が大きく遅れている印象でした。

被災地見学の為に訪れた訳ではないので、
それらしい建物や場所は撮影しませんでした。
観光バスが止まりガイドさんが指先を向ける先に向けられるカメラ。
私はそういうのがダメみたい。色々な意味で悲しくなります。


鮎川港から海上タクシー「くろしお」に乗り、
東日本大震災でもっとも震源に近い場所に向かいます。

*南三陸金華山国定公園*
島全体が黄金山神社の神域となっており、
地場の信仰の対象として有名。
恐山、出羽三山と並ぶ「奥州三霊場」に数えられている。
「三年続けてお参りすれば一生お金に困ることはない」
という言い伝えがあり、多くの参拝客が訪れる。

ちなみにパパさんは今年3年目になりました。

桟橋から送迎車両に乗り、大きな鳥居を抜けて、
道路の一部が崩落した坂道を登って行くと金華山黄金山神社があります。



出迎えは5頭の日本鹿。



お天気が良かったので、戻りは徒歩で散策しながら〜
神社周辺〜鹿山〜桟橋へ。
その他の一部は震災、台風の影響で道路が寸断されていて、
立ち入り禁止になっています。
ここの鹿は蝦夷鹿よりも小型で、
手からおやつを食べてくれるほど慣れてました。



海上タクシー「くろしお」



帰りの船からパチリ。右手に見えるのが金崋山。

金華山観光クルーズの方が「私達頑張っていますのでまた来て下さい」
と笑顔で言われたのが印象的でした。
「もちろん!また来ます!」と笑顔で答えました^^
鮎川では、三陸の海産物等をお土産に頂きました。

陸前松島へ向かうと観光客でいっぱい!
芸能人と人気アナウンサーの写真に誘われ
お寿司屋さんにて遅めの昼食。
そして焼きイカ、ホタテ、焼きガキを購入♪
食べ過ぎですが・・・食べて復興支援的な^^



瑞厳寺前の総門。
参道の杉木立が素晴らしく、右手の洞窟群も見応えあります。



五大堂付近から見た松島・多島海。

人ごみの中、撮影していると迷惑を掛けてしまうので、
画像はほとんどありませんが、どの季節も楽しめそうです。


震災からもうすぐ2年が経過しようとしています。
うさぎ小屋サイトの東北地方太平洋沖地震チャリティーSALE。
詳細が決まりましたらブログでお知らせしますね。

 

Rちゃんから^^手作りバレンタイン戴きました♪
パパさんの分と私の分。大事に食べるね〜ご馳走様^^

| くらし | 21:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:05 | - | - |